夏の疲れ

仲の良い友人から・・・。

「夏の疲れが出る頃だから気を付けてね、って私はアンタの母親かっ(笑)!」

という、非常に関西人らしい1人ノリツッコミメールをもらった。

勝手に引用させてもらってごめんよ。
いやぁ、おっしゃるとおり。
疲れが出て久々に発熱しました。
くぅ。

ハードな我家の夏。
風邪をひいたり、長引いたり、薬を飲んだりしながらも、熱を出すことなくここまで来たけれど、小さなカラダに疲れが溜まっていたのかもしれない。
涼しい夜風に風邪をひいたかな?と思ったら、ポンっと熱が出た。
幸い高熱にはならないものの、いつものように鼻水で咽て吐く。

今週金曜日からは秋田県で開催される全日本選手権に行くため、何としても治さなくては。。。

ということで、月曜朝一にかかりつけの小児科へ。
症状と週末の予定を伝えて、お薬を頂く。

  • アスベリン散 10%
  • ペリアクチン散 1%
  • ムコダイン細粒 50%
  • ベラチンドライシロップ 0.1%

まだひき始めの状態だったので、
「旅行期間中分もお薬を出しておきます。症状が気になるようなら旅先でも病院に行ってくださいね」
と、不安げな私にニッコリ微笑んでくださる先生。

せ、先生。
普通の旅行じゃないんです。
期間中、ずっと、早朝から夜まで川原にいないといけないんです。
しかも、車のライトを消したら恐竜が出そうなくらいの、民家の明かりも街灯も無いような場所なんです。

↑本当にこう伝えました(汗)
ならば、出発前にも来るように言われ、発熱のおさまった本日再診察。

旅の日程と場所を覚えていてくださった先生と看護婦さん。
一旦熱はおさまったものの、ぶり返す可能性があるため、抗生物質を出してくれました。

  • ジスロマック細粒小児用 100mg

初めてのお薬です。
苦味が強いので濃厚なチョコレートアイスなどに混ぜたり、甘い物で口直しするよう勧められました。
3日間続けて飲むことで、薬が白血球内にとどまり、約7日間作用が持続するそうです。

「3日飲んで1週間も効くなんて、強いお薬なんですか?」

と聞いたところ、
「通常の薬は血液中に成分が入り、いずれ腎臓でろ過されます。この薬は白血球に成分がとどまるので、腎臓の働きに左右されず、長く効くのです。副作用などが強いということではなく、効き方が異なるのです」

と説明されました。

NEC_0289 驚いたのは、この薬の「飲み合わせ比較表」を発売元のファイザーが作っていること。
頂いた表には、アイスクリームの銘柄まで明記され、相性が★印の数で表されています。
よっぽどマズイんだろうなぁ。
ちなみにファイザーのイチ押しは
「食後のアイス・チョコレート ~ナッツやチョコチップが入ってもうサイコー!お子様だって大喜び!」
という評でした。

薬慣れしているくぅは、「あーん」と大きな口を開けて難なくクリア。
口直しのパピコを満足そうに食べていました。

水澄家の夏はまだ終わってないよ~。
くぅちゃん、早く元気になっておくれぇぇぇ。

しかし先生も看護婦さんも、
「秋田の人里離れた川原で早朝から夜まで毎日毎日何するんですか?」
とは一切聞かなかったなぁ。
プライバシーの侵害になるからかしら?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

早速通院中

先々週、午睡が遅くなり夕食も入浴もすっ飛ばして寝入る日が2日続いた。ふと気付くと前身ごろ(と言うのか?)にだけ小さい発疹がびっしり。はしか、風疹の予防接種は済ませているし、水疱瘡もお正月に罹った。はて、ジンマシンにしては一向にひかない。受診した結果は汗疹。あせも~??先生曰く「うつ伏せで寝ていませんでしたか?」いえ、横で寝ていると殴る蹴るのグルグル回転型寝相なんですけど。

コンベッククリーム5% 10g

先週、遅めの午睡の後ポリポリとお腹を掻く。いつもはしない仕草が気になったが放っておくと5分ほどして「お腹いたい」と言いだした。Tシャツをめくり上げて見るとまごうことなきジンマシンがびっしりとお腹から胸にかけて出ている。思わずギョッとする、汗疹とは明らかに違う盛り上がり、色形。こんな日に限ってどぅさんは夕食ドタキャンで飲み会。動転しながらもくぅの手前平静を装い、気休めと知りつつ汗疹の薬を塗り、携帯で写真を撮り実家の母とどぅさんにヘルプメールを送る。

翌日受診すると「午睡後ということなら明確なアレルゲンがあってのジンマシンではないでしょう。子供の頃には原因のハッキリしないジンマシンはよくあります。疲れとかでも出るんですよ」とのこと。疲れ・・。慣らし保育疲れかしらね。くしゃみをすると膝まで達する鼻水が出る鼻風邪のお薬と、アレルギー反応を押さえる薬を頂きました。うーん、自分が子供の時ってこんなに病院に行ってたかしら?

トランサミン散50% 0.4g
ムコダイン細粒50% 0.6g
ザジテンドライシロップ0.1% 0.7g

| | Comments (15) | TrackBack (0)

インフルエンザA型

1歳を過ぎてから38度台の発熱では平素と変わらぬやんちゃブリを発揮するくぅも、インフルエンザには完敗。引越し当日はゴロゴロと抱っこ虫、夜中からどんどん熱が上がり翌日は休日診療を受診した。荒い息で日中は1,2時間の浅い眠り→目が覚めて泣く→添い寝して寝かしつける・・の繰り返し。夜も「喉かわいた」「水飲む」「ちっちでた」「トイレいく」と5,6回は起こされた。短く浅い睡眠の繰り返し、まるで新生児期のようだった。

東西南北も手探りのこの地で、灯台のごとき存在の友人に休日診療所を教えてもらい(相変わらず完璧で素早い指示とアフターフォローでした)インフルエンザと判明。後日、道端の看板を頼りに家から最も近い場所にある昨年10月に開院したばかりの小児科へ行き、経過観察。

タミフルは飲みにくいらしく激しく抵抗された。でもお陰で2日で熱は下がりました。あとは鼻水だけだなぁ。

タミフル 3日分

アスベリン散
ペリアクチン散
ムコダイン細粒
ベラチンドライシロップ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

気管支弱し

水・木曜日と鼻水が酷くなり、横になると喉に逆流して咳き込み寝苦しそうだったくぅ。私は来週まで短期集中講座&資格試験があり、唯一のフリーの平日には営業活動のためアポを2件入れいて、そして引越し。そんなスケジュールを考えると発熱する前に早めに手を打ち、薬を飲ませて回復を・・・と思い金曜夕方かかりつけの小児科へ行くと、時既に遅し、発熱していた。ついでに目やにが出ると思っていたら結膜炎にも。

予防接種をしていてもインフルエンザに罹る可能性があるので、医師の指示どおり熱が下がらなかった土曜朝も再度検査のために通院。結果はシロだったものの気管支炎は好転しておらず”はり薬”なるものを処方された。気管支を広げる効能のある貼り薬だそうです。へぇ~、湿布とかじゃなく、貼り薬があるなんて知らなかったよ。

<外用薬>
エコリシン点眼薬 5ml

ホクナリンテープ 0.5mg 3枚

<内服薬>
ワイドシリン細粒 200mg 1.5g

コレポリーR散 0.5g

アスベリンドライシロップ 2% 1g

フストレス細粒 1.5% 0.6g

ペリアクチン100倍散 1% 0.2g

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水疱瘡、その後

5日。今日からどぅさんは名古屋勤務。私も学校が始まるものの今週いっぱいは保育園に登園できない。予定されている授業内容からすると、3日も学校を休むとヒドイ目に遭うのが目に見えるため已む無く実家の母に頼み込んだ。正月あけということもあり、長距離バス飛行機とも満席だったらしい。何とかして行ってやらなくてはという母心で、愛媛から岡山までバス、岡山から京都まで新幹線、京都から最寄駅までJR在来線と丸一日かけてやってきてくれた。頭が下がります。ありがとう。今の学習がどう役立つかわからないけれど、何とか将来活かせるよう頑張ります。

で、念のため小児科受診。登園は休み明けからOKという診断を頂いた。ふぅぅ、やれやれ。そういえば保育園に電話したら、くぅのクラスを中心に年明けから水疱瘡児大発生しているらしい。年末に感染してたのネ。

しかし、くぅ強い。38度前後の熱が出ても食欲が落ちない。昼寝もろくにしないで遊ぶ。身体中に出来た湿疹に一瞬ギョッとしたものの、どう理解したのかすぐに受け入れたみたいだ。あまりの湿疹に腹が座ったのか「もしもし嫌だねぇ」と言いながらも病院では開き直ったかのごとく堂々として泣かない。子供用に甘い味付けのされていない顆粒の薬を「あーん」して飲む。褒めちぎっていると今晩は自分で袋を持って「あーん」した。まぁ、この薬については伏線があるのだけど。長くなるのでその話はまた改めて。はぁぁ、疲れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

流行!

元旦早々お腹まわりに赤い湿疹、ひとつは水泡になっている。うーん、ハードなアウトドア年末旅行のせいでオムツかぶれか?・・・にしては水泡だし。水疱瘡だったりして。

なーんて言っていたら本当に水疱瘡だった。2日の夜には全身に広がったため、その夜救急担当と教えられた病院へ行ったが小児科医は不在。「はしかか水疱瘡かわからないわぁ」と言われ、とりあえず・・と薬を処方された。

<内服> リカマイシンドライシロップ タベジールシロップ レフトーゼシロップ <頓服> カロナールシロップ <外用> レスタミンコーワ軟膏

水疱瘡って早期に適切な薬を処方されれば酷くはならないらしい。「水疱瘡の薬はいずれにしてもこの病院にはないから」と言われ、翌日帰宅後にくぅを出産した市民病院の救急へ。こちらも救急専門医の診察だったが「水疱瘡ですね。念のため明日小児科を受診してください」と言われ

ゾビラックス顆粒

を頂いた。薬剤師さん曰く「発症からまだ4日ですよね。まだ間に合います。しっかり飲ましてあげてください」。まだ間に合うって?もっとひどくなる可能性があるってこと??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

危険な接吻

土曜の夜から鼻水がたらり。日曜は大事を取って母娘煮詰まりながらおとなしく家で過ごす。が、時すでに遅く発症してしまった。風邪をひくと必ず就寝時に痰がからみ咽せて吐く。昨夜も例に漏れずオエッともどした。寝る前に飲んだ大量の牛乳がいい感じに発酵してました。くぅが鼻水を垂らすと仲間はおろか親のどぅさんですらキスを避ける。子供の風邪菌って強烈だもんね〜。

本日のお薬

ワイドシリン細粒 200mg 1.5g
 効能:細菌感染を治療する薬
 注意:ときに過敏症状、下痢

コレポリーR散 0.5g
 効能:下痢・整腸剤
 注意:ときに過敏症状

アスベリンドライシロップ 2% 1g
 効能:咳や痰の薬
 注意:まれに眠気、目眩、興奮

フストレス細粒 1.5% 0.6g
 効能:痰をきる薬
 注意:まれに胃の不快感

テルギンGドライシロップ 0.1% 0.4g
 効能:鼻水、かゆみ、アレルギーをおさえる薬
 注意:まれに過敏症状、眠気

以上、3毎食後4日分。

悩める失業主婦は、土曜の夜に宿泊していたスキー仲間のオジサマ相手にグダグダと朝の4時まで飲んでいた。モチロンどぅさんはとっくに夢の中。今となっては慣れない夜更かしが祟ったか、どうやら帯状疱疹らしきものをお腹まわりに発症してしまった。更にはペディキュアの剥げた部分だけ爪が白くなっている!もしかしてアレ?あー、誰かにうつされた?・・・アンビリーバブル。明日皮膚科へ行くとしよう(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身ィ入ってる(みぃいってる)

全日本が終わったので今週末は私のようなエンジョイスキーヤーもチョロチョロと滑ってみた。土曜日スラローム1本、日曜日トリック1本。と言っても「スラローム」はスラローム板を履いてコースブイの内側を右往左往」するだけだし、今日の「トリック」に至っては「トリック板を履いて後ろを向きたそうにフラフラ」して、あっという間にボートに上がってお終い。強烈な全身筋肉痛のためにバーを引こうにも前足に乗ろうにも身体が言うことを聞かずすぐにギブアップ。いやー、ハードなスポーツですなぁ。

それっぽっちのことでも滑るとやはり楽しい。この身ィ入ってる(関西弁?)カンジも実は好きだったりする。スポーツホリックかしら。あぁぁぁいたい、どこもかしこもいたい。あー楽しかった。

そんな中、くぅの目が怪しげにぷくり。めばちこ・ものもらい・めいぼ・・・、関西では何と言うのでしょう?愛媛では「めぼ」と言ってました。日曜の朝には右目瞼が赤く重く腫れあがってしまい、休日診療案内へ問い合わせ当直の眼科医を紹介してもらい受診。暗室でライトを目に当てたり、見覚えの無い仰々しい機械に怯えて泣き出してしまったくぅ。ぎゅうっと固く目をつむって泣いているので診察にもなりません。「目やに出てませんね。充血もありませんでしたか?痛がっても無い?じゃぁ恐らくものもらいでしょう」とゆるーい診察で目薬を処方してもらいました。・・・目薬を子供に差すのって至難の業よね。

本日のお薬

クラビット点眼液 0.5
最近を殺す働きをする目薬

どうにも子供に慣れていない先生のようで腫れた瞼を押して「イタイ?どぉ?痛いかな?」とくぅに聞いている。2歳になったばかりの子供がこんなに怯えた状態で答えれるわけないだろう。押されて泣き方が激しくなったり、ビクッとするわけでもないので「痛くなさそうです」と私が答え、念のためくぅにも聞いてみたら「だいじょうぶ」と自分で答えた。少々びっくり。くぅちゃん、見くびっちゃってごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Hard Days

水上スキーの大会というのは朝夕の凪の状態を好むために夜明けと共に集合し日没まで行われる。夜な夜な宴会があり祭りのような数日間である。自然の状態を見ながら限られた期間内に大会を運営しなくてはならないため、試合進行の予定はあるものの未定。天候により出走順が変更になる可能性もあり、雨が降ろうが風が吹こうが選手達は試合会場にスタンバイし続ける。

さすがに連日の5時台起床&終日アウトドア&連夜の宴会はくぅにはきつかった。秋田の朝夕は冷え込み、昼間は日が出れば暑く、風が吹けば肌寒い。お昼寝はテント下のビニールシートにタオルを敷いて親の防寒着が掛け布団代わり。そりゃ体調も崩すよね。最終日の朝発熱していた。体温計を持っていたが愚図って計測不能のためママハンド計で推定38.3度。宿のチェックアウトぎりぎりまで粘り、後は已む無く大会会場で抱っこして過ごした。やれやれ、ジャンプ優勝した太一もPB更新したどぅさんも頑張ったけど、くぅも私も頑張りやさんだったぞ。

安い航空券ツアーでの旅だったため、帰路は秋田空港ではなく隣県の花巻空港へ。伊丹空港へ飛び、空港バスに乗り、パークライドしていたMy Carに乗り換えやっと帰宅した。所要時間約6時間。遠い、遠いぞ~秋田!!

明朝一旦熱が下がったくぅを病院へ連れて行き薬をもらう。午睡後また熱がぶり返し夜中には39度を超えてしまった。今朝は再び平熱になっていたものの大事を取って保育園を休ませる。あぁ、退職していて本当に良かった。来月大分県耶馬溪で行われるウエストジャパンオープンも頑張ろうね、くぅ。

本日のお薬

エシノールドライシロップ 200ml 1.5g
 効能:細菌感染を治療する薬
 注意:下痢、まれに胃腸の不快感

コレポリーR散 0.5g
 効能:下痢・整腸剤
 注意:ときに過敏症状

アスワートシロップ 0.5% 5ml
 効能:痰や咳の薬
 注意:まれに眠気、眩暈、興奮

アントブロンシロップ 0.3% 2.5ml
 効能:痰を切る薬
 注意:まれに胃の不快感

サイプロミンシロップ 0.04% 5ml
 効能:鼻水、かゆみ、アレルギーをおさえる薬
 注意:まれに過敏症状、眠気

以上3毎食後4日分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気管支炎その後

「治りかけの時にもう一度受診してくださいね」ということだったので病院へ行った。ほぼ治っているがシロップのお薬だけ続けましょうとのこと。

本日のお薬

アスワードシロップ 0.5% 4ml
 効能:咳や痰の薬
 注意:まれに眠気、眩暈、興奮

サイポロミンシロップ 0.04% 4ml
 効能:鼻水、かゆみ、アレルギーをおさえる薬
 注意:まれに過敏症状、眠気

サワテンシロップ 5% 4ml
 効能:痰を切る薬
 注意:まれに胃の不快感

3毎食後4日分

今ひとつゼロゼロ感が抜けない。今週末は秋田で全日本大会。水上スキーの大会って朝6時集合&終日アウトドア&夜宴会だったりしてハードなんだよなぁ。出発前にもう一度病院へ行っておくか~。

10月はずーっと受けそこなっているポリオ集団接種の2回目。11月にはインフルエンザの予防接種。うーん、くぅの病院通いの内容で冬が近づいていることを感じますなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧