ひとりの夜には

「Nが東京マラソンで上京するから、翌日の月曜夜に同期会しよう」と、卒業20年目にして初めてクラブの同期会が開催されました。

って、月曜?!悩ましいのはくぅのこと。まぁね、共働きを続けていたならコレは何てことない当たり前の状況です。環境と、それへの対応能力というのは、日々の継続によって培われるのだなぁ~としみじみ思う次第。くぅは対応できるか?と心配しながらも、どぅさんの協力と、ご近所さんのお助けと、何よりくぅの成長のお蔭で、久々東京一人旅(1泊2日)を無事決行できました。

どぅさんが帰宅するまでの、日も暮れた一人留守番タイムには一応電話でフォローしましたが、ちゃんと宿題や学校の準備やピアノの練習をしていて、心配な様子もなし。それに加え、なんと翌日の漢字小テストの対策を自分でやったと後日聞かされびっくり。「先生がさぁ~漢字テストをするっていうからさぁ~どうしよっかな~って思ったんだけど、ちょっと練習していったんだよね~。でも練習した漢字は3つしか出なかったよ」まぁ詰めの甘さはご愛嬌ですが”テスト前”=”復習する”という図式がくぅの中に出来てるってことで良しとしましょう。

何事もなく過ぎた1泊2日間でしたが、帰宅した夜中寝苦しさに目が覚めると、別の布団で寝ていたはずのくぅがいつの間にかベッドに入ってきて寝ているではありませんか(笑)せまいっちゅ~ねん。

さて、同期は…20年会ってなくても同期ですねぇ。同じような身長のメンバーに囲まれ、懐かしむとともにイロイロ思うこともあり。刺激を受けるというのはいいことです。次回は私の試合を外した秋口にみんなで何故か八ヶ岳に登る約束になったのですが…実現するのかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011

あけましておめでとうございます。

餅つき・漁港の朝市・お墓まいり・初詣・コマ回しと、田舎のお正月を堪能してきました。

帰省するたびに年を重ねている両親の姿を見るにつけ、親孝行の思いで帰省するのに親不孝の実感しか得られないとは因果なものです。そんな中、唯一の親孝行はくぅの存在。ただ存在するだけで幸せを生むとは、子どもってすごいですね。・・・ただ、別れるときのさみしさは倍増するようで、何ともやるせないのですが。

そんな愛情も干渉も感傷もいっぱいの実家に帰ると、早く家を出て独立したかった焦るような気持ちを思い出します。そうやって先ばかり焦っていたせいか、子どものころの記憶があまりありません。私の帰省に合わせて?行われる中学の時の部活の同窓会では「おまえは本当にヒドすぎるっ覚えとけよ~」と毎度突っ込まれる始末。そう言われても、本当にな~んにも覚えてないんだよね。

2年ごとに耳にする同級生たちのエピソードは、生きる術の多様さを示すようです。っていうと大げさだけど。でも、年を重ねるごとに近視眼的になっていることを自覚させられました。あの頃は少しでも遠くを見ようと背伸びをしてあたりを見回していたような。自戒するわけでもありませんが、近視眼的に増長する自我(=オバちゃん化?)にとらわれず、今年は真摯に謙虚に笑いとともに一年を楽しみたいと思います。

Continue reading "2011"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・友人各位

PC環境、復活いたしました。

メアドは旧来のもの一つだけになります。どうぞよろしゅう~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソウルフード

チームの若者が東京に転勤になった。私たちも転勤組だし、社会人スキーヤーとしては決して珍しい事ではないのだけれど「あかん子ほどかわいい」とはよく言ったもので、ツッコミどころ満載のヤツとの(物理的にではなく、恐らく彼はスキーから離れるであろう)距離が少々さみしい(ね、番長♪)。

”あかんちゃん”は例によって「今から行ってもいいっすか?」と、引っ越し前日になってやっと忘れモノを取りにきた。夕食には少し遅い微妙な時間なので残っていたご飯でおにぎりを1個だけ作り、スイカを冷やす。

結局おにぎりは「やった!明日の朝飯にします」と持って帰った。ふむ。また帰っておいでよ。

==tweet100628==

Continue reading "ソウルフード"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

根っこ

核心ほどふれ難い。

現象とか事実とか感情とかではなく、その根っこにあるもの。枝葉は風に大きく揺さぶられても、その振動を感じ取りぶれずにいようとするコア。

宗教とか哲学とか科学とか文学とかスポーツとか芸術とか。。。多分人は様々なアプローチをしているだろう根っこ。

その在りようについて思うところを伝えるのは難しい。安易に伝えようとすると誤解を生みやすい。近づこうとすればするほど、ぼやけたり遠くなったりする。人それぞれが異なる真実を持つように、完璧な共有や理解は無理なことなのかもしれない。でも、(恐らく少しズレながらも)共感を抱けること&相手&瞬間がある。

そのことに、とても感謝します。

==tweet100618==

Continue reading "根っこ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

緑と根と君と

「じぃの畑にいっぱい咲いてるからさ~」とたくさんのアジサイを2週連続で頂いた。アジサイはたんまりたっぷりわさ~っと活けるととってもきれい。

20100611pink

一枝だけ我が家にやってきた子たちだからイマイチ名前がわかんないんだけど、庭先からいただいた蔦、学校からもらった蔦、友だちからもらった多肉、折れて落ちていた多肉。そして昨日モンステラを一枝もらった。みんな折れたところから根を出して本当に逞しい。

20100611green_2

そしてこちらは、紫色の花をつけるサルビアらしき枝、冷蔵庫に入れておくと脱臭効果があるらしいどくだみ。そして春にお引越しをした友人がくれたハートランドビール♪

ベランダのプランターも室内の植物も、毎日毎日見ているのに知らない間に根を伸ばし、気が付けばアブラムシが大量についていたりする。よく見て適時に適切な手入れを少しする。過剰な手入れはせっかくの生命力を削ぐ気がする。そして枝葉ではなく、まずは根が育たないと枯れてしまう。

これって・・・通じるものがあるよなぁと母は思うのです。

==tweet100610==

Continue reading "緑と根と君と"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鮎と蛍

琵琶湖の鮎は小さい。いつも泊まっている宿の前には浜が広がっており、手の届きそうな波打ち際にはワカサギのような小さな鮎がいっぱい泳いでいます。実際手は届かないんだけど、網ですくえば捕まえられそう。ジュッ!と揚げれば・・・旨そう。

夜も少し暖かくなってきたし、土曜日は今年初めての花火をしました。

「ねぇ、ねぇ、クルクル飛んでくるヤツはない?ない?ね~ってば!!」

花火はやりたいけどちょっと怖がるくぅとみんなで花火をしていたら、宿の横を流れる小川に蛍が舞っていました。湖へ流れ込む、雑草がこんもりと茂る小さな川に3匹ほどがふぅわりふわり。ふり返り10mほど遡ったところにはたくさんの蛍が飛んでいます。手にとまったり服に飛んできたり。くぅはもちろん、大人たちも暫し蛍狩りを楽しみました。

宿のご主人曰く、今は源氏ボタル、しばらくすると平家ボタルが見られるそうです。楽しみ。

==tweet100604==

Continue reading "鮎と蛍"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

延長コード

20100604いつまでたっても自分自身が子どもみたいで、娘はもちろんだけど、動物も植物に対しても「育てる」能力が欠如していると自覚していた私だけれど、最近やっと植物のお世話ができるようになってきた。蔦系や多肉系といった、まだまだ強い植物に限るけど、根ごと1~2本分けてもらい増やす。あるいは一枝ちぎってもらい水に浸けて根を出させてから土に植え替える。小さな植物を日々見つめて、僅かな成長が嬉しい。

旧来の友人とメールのやり取りをしていたら、優しい彼女がとても嬉しいことを書いてくれていた。

「まず(私のコトを)思い出すなら笑顔」

そ、そぅ?よかった。彼女とは仕事でのお付き合いが始まりだから、もしかしたら多分に営業スマイルが混ざっているかもよ~(笑)。「人間関係をフルに繋げて何かしてやろう!」と、うん、当時思っていました。さすが、仕事関係をこえた友人だけあってよく見てるね。自分自身の能力は低くても、自分がプラグか延長コードになれば、そしてその配線の妙次第では面白いコトをみんながやってくれて、自分の能力以上のソレに関わることができるだろうって。

でも、ソフトな中にも迎合しない芯の強さのある友人が、私にはとても眩しく見えています(現在もなお進行形)。

穏やかに暮らす今となっては積極的に繋げるコトはないけれど、キーポイントでは反射的に繋ごうとしているかも。人はそうそう変わらないものですね。

小さな植物を優しく愛でるように、くぅにも優しい笑顔を見せていたい。このままじゃぁ「ママっていつも怒ってたよね」と怒り顔しか思い出してもらえなくなりそうです。

==tweet100603==

Continue reading "延長コード"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

虹色DAY

近所の5年生の男の子が虹色クワガタを見せてくれました。オーストラリア北部やパプアニューギニアに生息しているらしく、幼虫を買ってもらい孵化させたそう。本当に虹色!自然ってすごい。

その後、空には大きな真ん丸い二重の虹が。西の空は晴れ、我が家の頭上は雲がありながらも辛うじて晴れ、東の空は厚い雲がかかり雨も降っている様子。複雑で変わりやすい空模様が作り出したパーフェクトな虹。

命をつくり出すsomething greatの存在を感じます。

1030428591

==tweet100520==

Continue reading "虹色DAY"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

ついーと。

最近ツイッターばかりでこちらの更新がおろそかになっているので、日々のツイートを載せてみようかと。

==tweet100519==

Continue reading "ついーと。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧