« DINKS 後、 貧す | Main | 発熱の記録 »

明け方の想い

風邪の兆候はなかったのに、就寝後痰が絡んで寝苦しそうなくぅ。案の定夜中に目を覚ました。

けれど、いつものように泣き言を言わず、「ママお鼻吸って。お水飲みたい」とはっきり言う。くぅの様子が気になっていたからか、普段寝起きの悪い私にしてはすぐに身体が動く。真夜中と思ったら、もう朝の4時を随分過ぎていた。

くぅを寝かせ、起きたついでにトイレに座ると突然ある考えが浮かんだ。

「今、私が死んだら(家族は)困るよなぁ。
銀行の口座や保険のコト、どぅさんが一目見て
わかるようにまとめておいた方が良いし、
くぅのことも気がかりだし。

そうねぇ、くぅのこと。

どぅさんにお願いするとすれば、
”ちゃんと話を聞いてあげて。どんな時でも、
くぅの話を優先してゆっくり聞いてあげて”
ってコトかしらねぇ」

寝ぼけた頭で妄想が広がっていくのを止めて、ベッドに戻りもう一度眠るけれど、みぞおちあたりが重く、熱いのに寒くて妙に寝苦しかった。

そうか。

今日は、阪神大震災から11年目のその日だったのか。

あのとき、大阪のマンションにいた。
私はどぅさんとジン(猫)と一緒にいた。

今度実家に帰省した時は、両親の寝室にあるタンスを、他の部屋へ移動させるとしよう。

|

« DINKS 後、 貧す | Main | 発熱の記録 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20194/8201680

Listed below are links to weblogs that reference 明け方の想い:

« DINKS 後、 貧す | Main | 発熱の記録 »